à l'aise

気に入った作品の感想を、ただ気ままに書き連ねる備忘録 ネタバレ注意

【単行本】ROBOT×LASERBEAM(1)

たくさん書きたいものがありすぎて、何にしようか考えた結果、
これにしました。

もう読み終わってから一ヶ月以上経ってますごめんなさい。

 

f:id:crazydrums:20170814233825j:image




「ROBOT×LASERBEAM」
ロボレーザービーム。


…最初、ロボットSFモノだと思った私をお許しください。

 


そして、書店で手に取ったとき藤巻先生だと気付かなくてごめんなさい。

 


スポーツ漫画では一番好きな黒バス作者様の最新作!!
ゴルフの話なんですね。そういえば藤巻先生、ゴルフ好きで作品書きたかったってどこかで書いていたような。


主人公は「ロボ」という綽名の高校生。
本名は「鳩原 呂羽人」。スコットランド人とのハーフだそう。なので髪の色は割と派手。ロバートとかけてるんだろうね。
しかし、性格は「ロボ」そのもので、几帳面を絵に描いたような人物です。

 

f:id:crazydrums:20170814234051j:image

 

 


それゆえか知りませんが、ものすごく正確なストレートショット(=レーザービーム)を打つことができるのですが、
本人は「勝負事に興味が沸かない」と、ゴルフ部への入部を頑なに断っていました。
ゴルフもコースを回ったこともなく、ルールも知らない初心者ですが、
父の仕事の合間にクラブを触っていたので、打球自体は初心者とは信じがたいもので、
才能の片鱗を感じさせます。

f:id:crazydrums:20170814234126j:image

f:id:crazydrums:20170814234141j:image

そんなロボが、偶然ゴルフ場に居合わせた三浦鷹山という同年代屈指の実力者の目に留まり、
勝負を持ち掛けられたことによって、
少しずつゴルフへの興味を持ち始める……?のか?というところで終わる1巻。

f:id:crazydrums:20170814234148j:image

 

鷹山くん、性格今泉で顔が火神と青峰の中間、って感じがするねw



前作の主人公・黒子と若干性格のタイプは違いますが、
ある一つのことを突き詰めたスペシャリストであり、一度言い出したら聞かない頑固さ・執念を持っていたり、
似たところはあるのかなあ…と思います。

 

f:id:crazydrums:20170814234313j:image

 

こことか、なんかデジャブ。。。

 



今回は黒バスにはいなかった「読者視点で物事を代弁してくれる主人公の親友キャラ」・トモヤの存在があり、
より競技自体に親近感を抱かせる工夫をしたつくりになっている気がします。



黒バスよりも本格的な王道スポーツものだなあと思いつつ、
黒バスの登場人物(キセキたち)に見られたような強烈なキャラクターがまだ出てこないのが寂しいところ。
主人公が変わり者とはいえ、キャプテンもライバルだろう鷹山君もかなり「普通」に感じてしまうのよね。


まあ、青峰・紫原・赤司あたりはかなり後半にならないと出てこなかったし、
これから徐々に出てくるのかしれませんが。


というわけで、ロボがこれからどう化けるのか、楽しみにしたいと思います★