à l'aise

気に入った作品の感想を、ただ気ままに書き連ねる備忘録 ネタバレ注意

【雑記】ヒロアカの勢いが止まらない件について

なんかもう、予想通りでした。はい。


ヒロアカ止まりません!!!
やばいです\(^o^)/
怒濤の勢いで既刊制覇してしまいました。

まあ、十中八九こうなることはわかっていたのですがね。
だってwiki読んで「面白そう」と思って手に取ってるからね。



そもそもの発端は、「双星の陰陽師」の助野先生のTwitter上らくがきです。
助野先生の描いた轟君のイラストが素敵すぎて、興味を引かれて読んでみようと思ったのでした。

これね

 


あと、米津玄師様の「ピースサイン」が好きすぎてというのもあります。アニメは例によって見ていないんですがね…。


私、勝手にレンジャーものとかの和製ヒーローリスペクトだと思ってたんですが、
どっちかというと、というか完全にアメコミヒーローの方だったのね。
言われてみれば色使いとかどう考えても意識してますよね。バカですね。


で、なぜこんなにハマったのかを勝手に分析しました。



1) 作中「ヒーロー」の扱いが現代風で良い。
ヒーローを「職業」として扱ってるところに新しさを感じるし、
ヒーローごとの仕事観が作中で垣間見えるのがいいなあと思います。
ただの戦闘モノじゃないから面白い。もしそうならここまでハマってないかもしれません。
青エクや双星もそういうところありますけど(祓魔師や陰陽師の職業性)、「ヒーロー」という職業にはピンと来ないものを職業的に捉えるのは嫌いじゃない。




2) 主人公・出久の魅力について
単なるオタクでも、直情型バカでもない。分析力と柔軟な思考を持っていて、それでいてかなり熱い。困っている人を見たら放っておけない人情深さ。いや、全部持ちすぎでしょうよ!!

f:id:crazydrums:20170806141556j:plain

この絵、インパクト最強過ぎるんだよね。出久の本質が良く現れた、まさにヒーロー・緑谷出久の原点。

 

まあ、それらのコントロールが効かなくなって度々馬鹿なことはしますが。
雲行きが怪しくなっていくにつれ、デクが王道主人公に進化して、おもしろい反面、怖かったです。特に林間学校の辺りは。
多少危なっかしいけど熱い奴って、主人公としてはうってつけで好きなタイプではあるんですけど、
どんどん危なっかしさが増していって、ハラハラでそれどころではない。
オールマイトより先にデクが破滅するんじゃないかい…。と思ったほど。
私の中では「破滅を行く危険信号主人公」ダントツ一位の百夜優一郎(@終わりのセラフ)超えがあるかもしれないとまで思いましたよね。
お母さんの「雄英・・・行かなきゃダメ?」が本当に堪えました。。。


しかし、オールマイトが事実上引退、デクが先に破滅はなかったね。
デクの師匠として導くことに専念するとお母さんに宣言して、一応の和解。
デクも自分の課題を見つけ、邁進していっているのでまたワクワクしてきました…!

f:id:crazydrums:20170806142731j:plain

天下のオールマイトが土下座してまで…。このインパクトはすごい。

 

 

f:id:crazydrums:20170806141752j:plain

 


いや仮免試験一次のデク最高でした。
冷静な状況判断をして、自己分析と修練を積み重ねていくの、ほんとスポーツ漫画の主人公のよう。弱ペダの小野田くん的な。

 

f:id:crazydrums:20170806141837j:plain

ここぞというときの冷静な判断力。頼りになりますデクくん!

 


今まで、最初からどう考えてもシリアス多めだろ、って展開の作品を読むことが多くて、
(最初に養父が死ぬ某エクソシストの話とか、吸血鬼に汚染された世界の話とか・・・)
ヒロアカの作風・展開はどちらかというとスポーツ漫画のようなスカッとした感じで良いです。



3) 魅力的なキャラがたくさん。
たくさんのキャラクターが出てくる群像劇が大好物なので、わちゃわちゃしてすごく楽しいです。
しかし、シリアスシーンがあまりにシリアス一直線なので、「ほのぼの日常」が恋しくなるという、
シリアス展開が好きな私にとっては滅多にない感覚を味わっておりますw
でもそれだけキャラがいいってことなんですよね。キャラがつまらなかったら日常シーンなんて本当つまらないからね。


で、個人的にキャラお気に入りランキングをすると、こんな感じになるかと…

一位:轟
二位:お茶子
三位:デク
四位:相澤先生(イレイザーヘッド
五位:飯田
六位:爆豪
七位:上鳴
八位:切島
九位:八百万
十位:耳郎、梅雨ちゃんあたり?


だいたいこんな感じかなあ。まあ、その後の展開で変わりますけどもね。


一番轟かよ…普通だな…と言われそうだけど仕方ないじゃん!w



轟くんは話が進むにつれ株が急上昇してくキャラです。(私の中で)
対ステインの轟、神懸ってましたからね。
思わず叫びそうになったよ!!!最高すぎやしませんか!
ていうか、さすが半冷半燃というべきか、
あんな無表情でクールな雰囲気出しといて、中身熱すぎるでしょうが!!!ギャップが好きだ!


f:id:crazydrums:20170806140123j:plain

この颯爽と現れた轟があまりにヒーローすぎて直視出来なかった。所々で見せる熱い部分が最高すぎます。
ステイン戦の後、病院で警察に食ってかかる轟が意外すぎて好きでした。

 

f:id:crazydrums:20170806140531j:plain

「やめて欲しけりゃ立て‼︎ なりてえもんちゃんと見ろ!!」この轟の飯田への一喝は、今のところ全体通して一番好きなシーンです

 

f:id:crazydrums:20170806140609j:plain

仮免二次の轟。自らのトラウマを完全には克服しきれていなかったことが露呈。こっから巻き直せ!

 

f:id:crazydrums:20170806141259j:plain

これ最強すぎてわらた。どうやってリフォームしたんだ!?って聞かれて「・・・頑張った」って答える轟が面白すぎた。大物!

f:id:crazydrums:20170806142843j:plain

デクより成績下なのか、轟…意外すぎw
てか意外とデクって成績いいんだね、もっと真ん中くらいなのかと。



お茶子はほんとファイティングガールを絵に描いたような感じで、健気に頑張る姿が大好きです。
対爆豪戦よすぎたよね・・・
しえみちゃんや繭良を彷彿とさせる。
ヒロアカに恋愛要素要らない!っていう声も耳にしたけど、別にあれはあれでいいんじゃないかな。デクのほうじゃなくてお茶子が夢中になるとは予想外だったけど。

f:id:crazydrums:20170806140731j:plain

自分の出せるベストを尽くす。可愛い&格好いいヒーロー!




イレイザーヘッドは、私が好きな作品の好きな大人たちに似てて好きなんですよね
(Mr.滝浪とか清弦師匠とか)
クールだし厳しいけど生徒思いで、それを認めたがらないところが良い。教師陣では断トツで好きです。

 

 


どのキャラも描かれるたびにどんどん生き生きして好きになっていくので困ります(^∇^)

しかし、如何せんかっちゃんは性格がアレだからこれ以上の上位にはいけないんだよなあw
でもあの無茶苦茶な性格だからこそたまにツボる。

 

f:id:crazydrums:20170806141006j:plain

ステイン戦からの飯田がめっちゃ好き。てかこの飯田割と好き。テカテカに固めてるのウケる。シリアスなシーンなのに吹き出しそうになったわw

 

f:id:crazydrums:20170806142015j:plain

「教え殺したろか」がツボだった…!!優しいのか脅してるのかどっちなんだよw

 

f:id:crazydrums:20170806142122j:plain

爆豪の奪還作戦がオールマイトの引退戦となってしまった。それは結果的にそうなってしまっただけなんだけど、かっちゃん、いろんなモノ抱えて悩んでたのね…!ほんっと拗らせキャラだなあ。。。

 

 

 


全体通してもう名言ありすぎて困るくらい名言がありますよ。

f:id:crazydrums:20170806142342j:plain

f:id:crazydrums:20170806142424j:plain

デク&かっちゃんは歪だけどいい二人。本音ぶつけ合ってこれからが楽しみだ。
この調子でかっちゃんは轟ともいい関係築いてほしいね!

f:id:crazydrums:20170806143654j:plain

上鳴くん、ここから結構すき。切島と立ち位置被るけど、どっちかというと彼派。
耳郎ちゃんとのコンビが好きなんだけどどうでしょう。



ヒロアカのおかげで仕事にも精が出てます。笑
本当に堀越先生ありがとうございます(T_T)
続きが楽しみです…!


ヒロアカのネット記事をいろいろ読みあさってるんですが、皆さん色々な推測、考察で盛り上がっていますね…!面白い!
その中でもやはり気になるのは内通者の正体でしょうか。
まあ順当にいけば塚内なんだろうけど
(個性が発表されていない、校内を出入りできる状態にあること、情報を握りやすい立ち位置にいること、そもそものキャラデザが不穏、などなど…)
あまりに順当すぎる気もするし、動機が見えない。私が見落としているだけで、何か伏線があったのだろうか…?


勢いに任せて書き殴ったので支離滅裂になってしまいました。
いつものことか。


それではこのへんで。次は何を書こうかしら。